肌潤糖クリアは「思春期ニキビ」「大人ニキビ」「背中ニキビ」を防ぎたい人のために作られたニキビケア化粧品です。
原料は砂糖から作られていて肌への刺激が少なくなるように粒子を小さくし植物性オイルでコーティングを行う特殊微粒子加工を行っています。
市販の砂糖では角ばっているのですが、肌潤糖クリアの粒子は丸くなっていて肌を傷つけません。
肌潤糖クリアは肌の潤いをキープできるのですが、キープできる秘密は砂糖がもつチカラにあります。
さらに砂糖には殺菌力があるので、昔からジャムなどの保存食品などにも使われきました。

 

しかし、砂糖をそのままスキンケア用品として使うには粒子が粗く、肌に馴染みません。
そこで肌に安心して使えるように特別に作られたのがみんなの肌潤糖クリアなんです。

 

肌潤糖クリアの原料の80%が北海道のビート糖で残り20%は肌を傷めないようにするために周りにコーティングした植物性オイルです。

 

肌潤糖クリアの基本的な使い方として
手持ち洗顔料でメイクや顔の汚れを落とします。
顔をきれいな状態にし水気は拭き取らずに濡らしたままの状態にしておきます。
肌潤糖クリアを付属のスプーンで一杯を目安にして手に取り、同じりょうの水を加えてペースト状にします。
濡らした肌の上をくるくると軽くマッサージをするようになじませていきます。
このとき強くこすりつけないようい注意してください。体温と水分で粒感がなくなるまでゆっくりと溶かしていきます。
粒感がなくなったら1〜2分ほどおいて角質層まで浸透させましょう。
1〜2分したら、ぬるま湯でさっと洗い流します。ここですすぎすぎると本来の効果がえられないので軽く3回4回すすぐだけでOKです。
最後に手持ちの化粧水や乳液で肌を整えます。
ここでいつもより化粧水が浸透するのが実感できるはずです。

 

北の快適工房には専門知識豊富な健康管理士と仙人アドバイザーが多数常駐しています。
これまでたくさんの方々のお悩みを解決してきたサポート部隊ですのできっとあなたのお役に立てることと思います。

 

万が一肌に合わない、品質に満足できないなどの場合は25日以内であれば全額返金保証つきで安心して使うことができます。

 

ガサガサ、ゴワゴワした肌は極度に乾燥していて肌のバリア機能が低下している状態です。
そのようなときには肌潤糖クリアを使って肌本来のバリア機能を戻すように働きかけるのが改善への早道です。

肌潤糖クリア記事一覧

顔の肌荒れを回復させるには、遅くに眠る習慣を解消することで、いわゆる新陳代謝を促進してあげることだけでなく、若い人の肌には多いセラミドをしっかり与えて潤いを保って顔の皮膚保護活動を増していくことだと考えます。寝る前の洗顔によって小鼻を中心に死んだ肌組織を綺麗に流し切ることが大切なやり方ですが、肌に不要な油分ごと、補給し続けるべき「皮脂」もしっかり流すことが顔の「パサつき」が生まれるきっかけと考えら...

綺麗な肌を取り戻すには美白を推し進める質の良い化粧品を頻繁に使っていくことで、顔の肌体力を望ましい状況にして、皮膚にある基本的な美白に向かう傾向をより出していければ文句なしです。悩みの種の肌荒れや肌問題の良い改善方法とは、毎食のバランスを見直すことはお勧めの方法でもあるし、キッチリと就寝することで、いつでも紫外線や保湿が十分でないための肌荒れから肌を防御することも美肌を手に入れるコツです。一般的な...

一般的な敏感肌手入れにおいて間違ってはいけないこととして、今からでも「肌に水分を与えること」を意識することです。「肌の保湿」はスキンケア中の見本でもありますが、傷を作りやすい敏感肌対策にも使えます。スキンケア用グッズは皮膚がカサカサせずあまり粘つかない、ちょうど良い商品を使うのが重要です。現在の皮膚にとって傷を作りやすいスキンケア用化粧品を用いるのが現実的には肌荒れの主因ではないでしょうか。忙しく...

頬の毛穴が黒っぽく見えているのは実際は穴の陰影と言えます。汚れをなくすという行動ではなく毛穴をより目立たなくする手法で、影である黒ずみも消していくことが可能になります。寝る前の洗顔によって顔を綺麗にできるよう毛穴に詰まった汚れを減らせるように掃除するのが改めると良いかもしれないことですが、油分と共に、健康的な肌作りに大切な「皮脂」までも最後まで落とすことが肌の「乾燥」を起こすきっかけと考えられてい...

合成界面活性剤を使っている安価なボディソープは、あまりお勧めできず肌へのダメージも大変かかってしまうので、肌にある大事な水分まで避けたいにも関わらず除去してしまいます。保湿ケアを怠っている場合の無数に存在している細いしわは、このまま手をこまねくのなら30代を境に顕在化したしわに変貌を遂げることも想定されます。医院での治療で、間に合ううちになんとかしましょう。美白を成功させるには大きなシミやくすみを...

入浴の時長時間にわたってすすぐのはみんなよくしますが、皮膚の保水機能をも落とし過ぎるのは避けるため、夜ボディソープで肌をきっちり洗浄するのはバスタイムでは1度のみに控えるのがベストです。肌に悩みを抱える敏感肌体質の人は皮膚がデリケートなので洗い流しが満足にできていない場合、敏感肌もち以外の人と比較して肌の負荷が酷くなるということを記憶しておくように留意しましょう。皮膚の循環であるターンオーバーと呼...

よくある敏感肌は外側のほんの少しのストレスにも肌が変化してしまうので、いろいろなストレスが大きな肌トラブルの原因になってしまうと言っても誰も文句はないでしょう。人気沸騰のハイドロキノンは、シミを減らす目的で診療所などで渡される物質です。パワーは、手に入りやすい薬の美白を謳っている成分のはるか上を行くものだと聞きます。身体の特徴に起因する部分もありますが、美肌をなくす主な理由は、少なくとも「日焼け」...

毎夜の洗顔は美肌を得られるかのキーポイントです。高品質なアイテムによるスキンケアを継続したとしても、肌の健康を阻害する成分がついている肌では、洗顔の効き目は減少します。多くの人が苦労している乾燥肌(ドライスキン)とされるものは、油脂が出る量の少なくなる傾向、細胞にある皮質の縮小によって、頬にある角質の水分が減りつつある流れを指します。街頭調査によると、働く女性の7割もの人が『敏感肌に近い』と自認し...

洗顔は素っぴんになるためのクレンジングアイテムのみでメイクは満足できるくらいになくなるので、クレンジングオイル後にもう一回洗顔するというダブル洗顔と呼称されている方法は絶対にやってはいけません。肌の再生と考えられるターンオーバー自体は、布団に入ってから2時までの就寝タイムに為されます。就寝中が、望んでいる美肌には改めると良いかもしれない時間と考えられます。布団に入る前の洗顔やクレンジングは美肌を得...